グーグルとは

グーグルとはインターネットの検索エンジン(サーチエンジン)の一つで、元々アメリカのスタンフォード大学内の研究プロジェクトとして立ち上げられたシステムです。

グーグル社は同エンジンを運営する企業の社名でもあります。

グーグル社の始まりは1998年9月で、当時スタンフォード大学の大学院生であったLarry Page氏とSergey Brin氏によって設立されました。

WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)という蜘蛛の巣のように繋がって広がっているインターネットの構造を利用して、一つの言葉で関連するあらゆるサイトを辿っていける検索システムを構築しました。

当該Webページへのリンクの多さや、有用ページのランク付けを行なうことにより、他社のサーチエンジン(例えばYahoo!検索)よりも有用な結果を出力すると言われています。

グーグル日本語版も2000年9月にサービスがスタートしています。

グーグルで検索することを「ぐぐる」と言った俗語まで誕生しています。

グーグル日本語ホームページはこちら

アドセンスって?

グーグル・アドセンス(Google AdSense)とは、グーグル社が運営しているプログラムの一つです。

Google が提供する様々なサイズが用意されている広告タグを、あなたのホームページやブログに貼り付けると、ホームページやブログの内容に合った公告を配信してくれます。

こんな広告↓よく見かけますよね。

ad.JPG

その広告を誰かがクリックして見てくれると、あなたに広告収入が支払われるというクリック報酬型のプログラムです。

グーグルアドセンスのホームページはこちら

このホームページのクイックツアーでアドセンスについてざっと見てみましょう。


アドセンスは誰でも使える?

アドセンスのプログラムは誰でも参加できるのか?

答えはイエスですが、申し込みの際に簡単な審査があります。

グーグル社も広告主から広告費を戴くわけですから、不適切と思われるサイトやブログに参加されては困るので、申し込みの審査で却下されてしまいます。

去年あたりまではアダルトサイトや極度に不快感を与えるようなサイト以外は軽く審査をクリアしていたようですが、今は多くの方が参加希望を申請するようになったこともあって、少し審査は厳しくなっているようです。

アドセンス入門書

グーグルアドセンスについては色々な書籍が出ています。

まずアドセンスはどういったものかという入門書としては以下の本がお薦めです。

Web検索エンジンGoogleの謎 アフィリエイト編
水野 貴明
価格:¥ 1,659 (Book)

>>もっと詳しく見る
 
 

アドセンスで本気で稼ぐなら

ブログ作ってアドセンスの広告タグを貼付けるだけ、

基本的にはそれだけの作業の繰り返しですが、

それだけではなかなか稼げないのが現状です。

本気で気合いを入れてアドセンスで稼ぎたいのであれば、「戦略」が必要です。

特に初心者が0から始めるのであれば、下記のような塾でやり方を教えてもらいながらすれば、確実に稼げます。


【常夏塾(後払い制)】入塾料無料 預かり金だけでノウハウ・稼げるキーワード・HTMLサイト&携帯アドセンス生成ツールも提供する初心者でも稼げるようになる塾
タグ:常夏塾

アドセンスを始める為のブログ作り

今現在、自分のサイトやブログを持っていない人は、

手っ取り早く無料ブログを作っちゃいましょう。

無料ブログもいろいろ在りますが、Seesaa Blogが初心者さんには使いやすいと思います。

右にある「新規登録(無料)はこちら」というグリーンのボタンをクリックして、まずは登録を済ませましょう。

登録を済ませたら即ブログを1つ作ってみましょう。

「新しいブログの作成はこちら」というオレンジのボタンをクリック

色々入力しなければいけないフォームが出てきましたね。

順番に入力していきましょう。



取りあえず「タイトル」決めて、続きを読む

アドセンス審査に通るには

以前はポルノ コンテンツを含むサイトや社会通念上好ましくないサイト以外であれば簡単にアドセンス申請の審査に通っていたようですが、

最近は少し審査が厳しくなっているようです。

では、どんなサイト/ブログが審査に通りやすいのでしょう。

一般に言われているのが「ふつーの日記型ブログ」です。

私もアドセンスの申し込み審査で一発OKもらったのは「愛犬日記」でした。

愛車日記でも、子ども日記でも、読書日記でも良いでしょう。

ただちょっとヒネリを入れた「独自性」を出しましょう。

例えば「飛べないインコのダイエット日記」とか、「私が見つけた観光マップに載っていない裏道名店紹介」なんてね。

記事数が極端に少ないとダメだと言われています。

少なくとも10記事(10ページ)以上書いてから申請しましょう。

できれば文字数も1記事に400ワード以上あったほうが良いと言われていますから、頑張って長い記事を書きましょう。

商品紹介ばかりのアフィリエイトサイトや、明らかに高額広告を出すよう意識したような同じ言葉ばかりを書き連ねているサイトやブログは審査に落ちると言われていますので避けましょう。

申請できるのは1つだけですが、1つふつーのサイトかブログで審査に通ってしまえば、他に作ったブログやサイト(幾つでもOK)にも掲載できるようになりますので、まずは手堅く審査に通りやすいサイトで申請しましょう。

*アドセンス・プログラムに申請してもらえるアカウントは1住所に1つだけです。同居の家族では、共通1つのアカウントしかもらえません。
名前を変えようが、住所の表記を1−10から1丁目10番に変えても審査は通りません。

アドセンスを始める その1

グーグル・アドセンスでお小遣い稼ぎがしてみたい。

そう思い立ったが吉日。

分からないことは調べながらで良いじゃないですか。

まずは始めてみましょう。


さて、始めるには何から?

今現在自身のサイトやブログを持っている人は、下記のサイトにアクセスして、アドセンス・プログラムへの申請をしましょう。




アドセンスの詳細をおさらいしたい方は「クイックツアー」で復習してから

「お申し込みはこちら」というところをクリックして申し込みフォームを開いてください。

個人でも法人でもお申し込みできます。

必要事項を全て入力して送信。

*「プロダクト」のところは2つともチェックが入ったままで、「ポリシー」のところに全てチェックを入れて送信しましょう。

通常2,3日ですが、早ければその日のうちに審査結果がメールで届きます。

記事を量産しましょう

アドセンスを貼ってアフィリエイト収入を得るためには、とにかく「記事」を書くことが必須です。

記事数が少ないブログやサイトにアドセンスを貼っていると、警告を食らう、最悪アカウントが容赦なく剥奪されてしまいます。

折角の不労収入源、大事に育てていきましょう。

かと言って、そうそう記事の量が増やせない、という方に朗報です。

無料で配布されている半自動記事生成ツール BILLION MAX。

とにかく詳細を見てください。
 ↓ ↓ ↓
http://www.affilitool.com/billionmax/ver2.html

期間限定なのでお早めに。

で、BILLION MAXを入手された方のために、

BILLION MAXユーザー限定・記事提供サービスってのがあります。

これなら「プロ」の書いてくれた記事の素を使って、BILLION MAXで記事を量産すれば、数分で一気に沢山の記事ができあがります。

ロングテールもたっぷり利用して、アドセンス広告料もアップすることでしょう。

記事を書くことに時間が取られている方には、正に救いの神ですね。

今なら半額提供中です。

BILLION MAXユーザー限定・記事提供サービス

お急ぎ下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。